すきなものすきなだけ

ときめきを、少しだけ加えたい毎日だから

翔さんに演じてみてほしい役を妄想してみた

翔さんお誕生日おめでとー!(どんどんパフパフ)

ということで、三十路も折り返しの翔さんに今後来たらいいなーとわたしが勝手に考えている役を挙げていきたいと思います。(2017年1月25日現在。)

勝手に妄想してわーわー言っているだけなので、あしからずです。

これまでのしょうさん

思い返せばたくさんの役をいただいてきたものです。

・秘密を持つ優等生
・呉服屋の息子
・鮫洲のヤンキー
・優しすぎる保育士
・ナース見習い
・時を越えて父と会っちゃう息子
・ヤンキー辞めた家電屋さん
・片思い美大
・犯罪が手に取るようにわかる刑事
・変態な御曹司
ヤッターマン
・クイズショーの司会
・横浜の弁護士
・口が悪い執事
・破天荒な家庭教師
・長野のお医者さん
・新聞記者
・戦後の先生
車いすバスケットボール選手

こんな感じ?
思い出せるものだけでこんなにあるのかー。(抜け漏れあると思います。)いろいろやってきたね。懐かしいものもたくさん。あの20代のギラギラしていたときにしかやれない役もあったなあ。反対に30代の今だからできる役もあるはず!

次からはしょうさんが今後演じたらおもしろそうな役を記載していきます。

とにかくクレイジーな人

このブログ書くにあたって考えたんだけど、思いつくものが「とにかくクレイジーな櫻井」みたいになってきていたわたしの脳内。

とにかくクレイジーな研究員
とにかくクレイジーな大学教授
とにかくクレイジーな医者
とにかくクレイジーな刑事
とにかくクレイジーな犯人

……とにかくクレイジーを求める櫻井ファンだな、まったく。

イメージは『家族ゲーム』の吉本荒野。優等生なパブリックイメージをぶっ壊す役をやってもらいたいです、とにかく。頭がよくてクレイジーな役。笑顔の裏で非人道的なことしているとか、妻が殺されたから復讐するとか、冷徹なプロのハッカーとか、知識が多すぎる大学教授とか。

なんかもう本当に、優等生なパブリックイメージをね! がんがん壊してほしいのよ!! でも頭良さそうなイメージはそのままで。多分その雰囲気消すのはできないというか、消さない方が味がでるというか。古畑任三郎的なドラマのゲストで呼ばれるポジションとかいい。待ってます。

今にも消えてしまいそうな人

世の中の汚れを知らない代わりに、今にも儚く散ってしまいそうな人。そのうえで天才プログラマーとかどうでしょう。イメージだけで話すなら『攻殻機動隊』のアオイくんみたいな。もうしょうさんはおっさんですけど。いやでもアオイくんも違うかな。

あ、あれだクイズショウの白い櫻井さんだな。横山くんに「言ええええええ!」って言われて「うわああああああ!」って言う前の生きた心地全部抜けてるあれ。あの役で世界を救うことを任されちゃうとかどうでしょう。『ATARU』みたいになっちゃうか。それかやまぴたさんの『アルジャーノンに花束を』だな。

ちゃめっけたっぷりの逃走犯

見たことないけどディカプリオさんの『catch me if you can』みたいな。いろんなコスプレしてほしいのと、クレバーな一面見せてほしいのと、そのくりくりお目目でかわいさ満載なところ見たいと思ったら、こういう説明になりました。いいじゃないか、ちょっと違う方面だけど「ちょっとビターな唇泥棒」ってやってみたらおもしろいな。

県庁職員とか、移住する人

しょうさんの良さって、都会なにおいがぷんぷんすることでもあると思うんです。だから最近話題にもなっている「都会から移住する」をテーマに地方でドタバタしてみたらいいんじゃないかと。都会の早さに疲れきっちゃって、地方に移住した人の話。そこで小学生くらいの子どもにもてあそばれるもいいし、じいちゃんばあちゃんに振り回されるでもいいし。

地域にも貢献できるし、経済効果も期待できるとわたし思うよ。データとかちゃんと見てないから推測だけど。

パブリックイメージを誇大した人

逆にパブリックイメージを逆手に取って、超優等生な感じの役。執事もそのひとつか。

政治家とかもいいかもー。そのくらい社会派なものに出れる重たい雰囲気まとってもらいたい気持ち。

前に『嵐にしやがれ』で岡田くんが紹介していた『百年法』の主人公とか。前回の都知事選とかでいろいろ言われたから、政治家の役とかしなそうだけどあのくらいパラレルワールドの政治家だったらいいんじゃないかと思います。 

気になる方はこちらから。上下巻あるけど、意外とさっくり読めます。

百年法 (上) (角川文庫)

百年法 (上) (角川文庫)

 

まとめ

あと妻子持ちの役とかもそろそろいい感じの年になってきていると思うので、どうでしょうか。いいと思うんだけどな、家族もの。コメディーとかで。主人公は奥さんで。

自分がいかにしょうさんに恋愛ものを求めていないかが露呈された気がする……。安心な男子でいてほしいとかではなく、単純に「きゃー恥ずかしい!」ってなるからだと思う。なんていうか、きゅんきゅんな恋愛ものより神カルみたいな落ち着いた夫婦とか社会派希望です。

さ、いろいろたくさん言ってきたけど、これからもしょうさんがしょうさんらしく活躍してくれたらうれしいです。お誕生日おめでとうございまーす!

最後にわたしが好きなしょうさんの映像作品を載せておきます。

天国に一番近い男-教師編- DVD-BOX

天国に一番近い男-教師編- DVD-BOX

 

 

  

ブラックボード~時代と戦った教師たち~ Blu-ray BOX

ブラックボード~時代と戦った教師たち~ Blu-ray BOX

 

たぶん入りが『天国に一番近い男』の藤堂くんだから、闇抱えてるしょうさんがすきなんだと自己分析している。うん。