すきなものすきなだけ

ときめきを、少しだけ加えたい毎日だから

(※ネタバレあり)元気が出るLIVE、行ってきました。

お茶の間エイターがライブに行ってきたよー。
ちょっとネタバレ入れた話をするので、これから元気の出るLIVEに行かれる方は見ない方がいいかも。

思いのままに書くので支離滅裂ですがご容赦ください。 感想文です。

 

--------------ネタバレゾーンへ--------------

 

 

 

 

 

 

ということで、12月19日土曜日東京ドーム3日目公演に行ってきました。
「これが関ジャニ∞ができるすべてです。」とすばるくんが最後の挨拶で言っていたように、全力の関ジャニ∞だったのでしょう。

わたしはこの公演で改めて錦戸くんに恋をしました。
ええ、わたしは大倉くんファンです。爪だって緑色に塗っていきました。でも途中から「りょうちゃん!すき!!」と何度も思い、最後に黄色の銀テープをゲットして帰ってきます。

原因をいくつか洗い出しておきますね。(備忘録)
・キャンジャニのうさみみかわいすぎ
・はにかむ顔がたまらん
・錦子になりきってる感じがたまらん
・からのラブスーパーマン
・ラブスーパーマン見てるときの気まずい顔がたまらん
・お亮って神木くんに呼ばれる話するはにかみ具合たまらん
・と思っていたらね、サキソフォーン吹いちゃうのよ!!!
・アルトサックス!!すき!!
・横山くんと背中合わせでペットとサックスとか…!すき!!
・なにその色眼鏡!!!似合う!すき!!

ということからわかるように、りょうちゃんへの関心がグンと高まったライブでした。(あれ?大倉くんは…?)

 

Heavenly Psychoの演出がとてもきれいでした。
バンド演奏をムビステでしていたのですが、最初はセンターで「震える思いにまた昇る太陽」からステージ上がりながら前進するの見たときに「ああ、この人たちはちゃんと前に進んでるんだなあ」と思って涙よりも笑顔が出ました。絶対に泣くと思っていたヘブンリーをこんなに清々しい気持ちで見れたことは、個人的にとてもうれしかったです。

一方で、こういうこと書くといろいろ言われちゃうかもしれないけど、今回のライブは曲順とかの違和感がありました。去年は減ったはずの違和感が復活してたぜ。ヘブンリーのしっとり感のあとにズッコケなのか…とか、勝手に仕上がれは頭じゃないのか(みんなの帰るところ見たくない、だから最後なのかもしれないけど)、そうじゃないにしてもバンド曲もう一曲くらい盛り上がりたいところなのに…あれ?と思ったりしたのも本当です。
ま、何回もライブ行ってると慣れちゃうからだな。
期待しちゃうんだろうな。どこから目線なのかね。すみません。聞き流してください。

あとファンの年齢層が広がっていたり、男の人が増えていた気がします。
これがお茶の間への露出が増えた結果だったりするなら、本当にうれしいことだなと思いました。エイトの持つ音楽性やバラエティ性がどんどんと認められているのだと思うと彼らを応援してきた何年間を誇らしくさえ思います。すばるくんは最後に「できないことはしない」と言っていたけど、「できることを増やしていく」とも言っていました。これからどんなことをするのかとワクワクしたので、これからも応援したいなと思っています。

まとめに入ります。
横山くんのトランペットが前よりスマートになっててよかったし(これ本当に!初披露のときは口膨らませすぎて大丈夫かなって思ってたけどそれがなくなってた)、KING見れてうれしかったし渇いた花の二人とっても楽しそうだったし、すば子美しかったしすばるくんたくさん笑ってたし、りょうちゃんは好きだし、安田くんエアロビの先生みたいだったし、まるちゃんかっこよかったし(まるちゃんのベース弾く姿まじでかっこよかった)、大倉くん…大倉くんは…楽しそうだったし!全員が踊れてバンドもできるって本当に関ジャニ∞の強みだなと思いました。ユニットでもグループでもそれを活かしていて、関ジャニ∞ってすごい人たちだなと改めて思った時間でした。

今年も関ジャニ∞のライブに行けてよかったです!
ありがとうございました!