いつもの場所のその先で

オタクだけど、毎日をすこやかに過ごしたいんです。

永遠をなくしたその先で - 関ジャニ∞ エイターテインメント GR8EST 東京2日目 -

関ジャニ∞ GR8EST、東京ドーム2日目に行ってきました。

ネタバレ含む感想になっていますので、ネタバレ踏みたくない方は読み進めないようお願いいたします。それでは以下、感想です。

f:id:jasmine_cd:20180908145402j:image

4月15日と7月8日から、時計を止めていた。今日はそれを動かす日。
あの日、「永遠なんてない」と認めてしまった錦戸くんは、どんなことを思っているんだろう。そんなことばかり考えていた。とはいっても、あれからすでに2ヶ月の時間が過ぎている。彼らは、すでに前を向いているんだとはわかっていたけども。

1曲目の出だし、なんの曲かわからなかった。7人で一番新しい曲『応答セヨ』は、まだライブで聞いたことがなかったからなのかもしれない。でも、それよりも「何かが足りない」と直感が言っていた。足りないものに気づいたのは、Aメロに入るくらいのころ。そうだ、すばるくんがいないんだ。

そう気づきながら、わたしはKAT-TUNのライブを思い出していた。いつもいなくなってしまったメンバーのパートになるたびにわたしは泣きそうになる。ああ、彼はもういないんだと。

でも今日は違った。「ああ、すばるくんはいないんだ」と思いながらも、なぜか似たような寂しさを感じなかった。

すばるくんのパートになると他のメンバーがやっぱり歌うんだけど、でもなぜかその歌い方のそこかしこにすばるくんがいるなあと思ってしまった。寄せに行っているわけではないんだけど、寄ってしまうというか。わたしが勝手にそう思っているだけなのかもしれない。でも、そこかしこに落ちているすばるくんのピースをそのままに過去として置いていくんじゃなくて、ていねいに拾っていっしょに未来へ進んでいく。そんな感じがした。

それに、なぜだかはわからないけど、昨日の公演を見ながら過去の東京ドーム公演を思い出すことが多かった。

例えばバクステ側にバンド演奏のみんなが来たとき、ドラムの生音に遅れてスピーカーからの音が聞こえたときには、47の東京ドーム公演を思い出す。あれはまだ、”すばるBAND”という名前だったとき。あのときの『One』も同じように遅れた音を感じていた。

『Heavenly Phycho』で亮ちゃんがギターを持って歌い出したときも、47を思い出していた。あれ? これは亮ちゃんと歌おうのコーナーだっけ? なんてね。このままあの日のようにサイドからうちくんとすばるくんがステージに上ってくるんじゃないかなって少し期待してしまった自分がいた。そんなこと絶対にないって同じくらいわかっていたけども。

『涙の答え』は、いつだったかなあ。サビの歌詞をすばるくんが思いっきり間違うことがあったんだけど、歌詞の世界に入り込んでいてしっかり歌い通すし、声量が大きいからテロップが間違ってるんじゃないかって疑うことがあった。そのとき亮ちゃんがすばるくんを困惑と驚きと賞賛が混ざった目線でちらりと見ていたんだよね。そんなことが、あったなあ。

そんなことを、思い出していた。

スカパラさんとのセッションの後、村上くんが「今日ほど楽器をやってきてよかったと思う日はありません」と話していて、すごくすごく、うれしそうだったよ。ねえ、どうして今日ここにすばるくんはいないの? 村上くんのその言葉を、すばるくんに届けたくて届けたくて仕方ない。横山くんはスカパラさんとのセッションのとき、センターでかっこよくトランペットを吹いていたよ。すっごくすっごく、かっこよかったんだよ。その姿を、すばるくんにも見てほしかったなあ。

全編を通して確かにそこにすばるくんがいたんだと、より一層強く思ってしまった。でもそのくらいパワーのある人だから。そのかけらが端々にあって当然だし、そのすべてを抱えて、これからもエイトは進んでいくんだろうなあ。

アンコール最後の『ここに』を聞いたとき、それを強く感じた。同時にこれからの関ジャニ∞も楽しみだなあと素直に思う。当たり前だけど、これまでの曲はすばるくんの影響力が大きい。そりゃそうだろう。8人の、7人のための曲だから。だけど6人のために作られた『ここに』には、6人だからこその良さがたくさん詰まっていた。今日までちゃんと聞かないようにしていたけど、ものすごく前向きな曲だね。

これはもう未来の話だから憶測でしかないんだけど、きっと6人は6人で新しい関ジャニ∞をまた作っていくんだろう。6人のバランスを見つけて、6人の時間を噛み締めながら。それでいい。それでいいと思う。

ただ、どこか、未来のどこかで、関ジャニ∞がすばるくんとすれ違ったりできたらいいなあと思ってはしまう。今日のスカパラさんみたいに、音楽って最高だなって笑い合えたら。そんなifを、都合のいい夢を、今晩くらいは見させてください。これで、終わりにするから。

明日から、ようやくわたしは時計を進める。6人の、関ジャニ∞を信じたい。

7人のエイトによる3日間の生放送と、わたし

4月15日、すばるくんが辞めると聞いた。

わたしはそのあと丸ちゃんの舞台を見に行って、レギュラー番組もいつも通り見たり見なかったりしていたら「あれ?すばるくんって辞めるの?」と全然実感がなくなっている。これは現在進行形で、実感がない。

7月8日の関ジャムが最後ですよ、そのまえにエムステとTHE MUSIC DAY出ますよ、と知っても全然、本当に全然実感がわかなかった。

大倉くんがラジオで真剣に語っているのを聞いて「そんなふうに思ってるんだね、教えてくれて本当にありがとう」とは思ったし、錦戸くんがレンジャーで"がんばらないと"と書いているのを見て「りょうりゃんはがんばろうとしている」ことも知っている。

安田くんが病気で今も本調子じゃないことを知ったときも心配だったけど、そのコメントが6人なことに「なんか3-3ってバランス悪くない?」と思ったくらいだ。これからのエイトがあの並びになることが、どうも実感がわかない。かといって、すばるくんが戻ってこないことも理解している。

そんな感じで3日間連続の生放送を迎えた。

1日目のエムステ。オープニングの『がむしゃら行進曲』は、どちらかというと安田くんが心配だった。踊れるのかな、体動かして大丈夫かな。笑っている安田くんの横で笑顔を作る村上くんも気にしていた。「やす、無理せんでええよ」って笑ってるみたいだったから。関西人じゃないから関西弁があってるかどうかはわかんないけど、そんなふうに思った。

ラストの『NOROSHI』では、すばるくんよりも横山くんが気になった。最初のトランペットの音が全然響いてなくて、まるで泣いている。本人の顔は精一杯冷静を装っていて涙さえこぼれていなかったけど、トランペットが泣いていた。イントロでは張りのない音だったのにアウトロでは逆に鳴りすぎていたのも、横山くんらしいなあと思っていた。カメラ目線をよこすすばるくんを見ながら「この表情を絶対忘れたくない」と思ったのは、そんな横山くんの音があったからだと思う。

MUSIC DAY。シャッフルメドレーを見ながら、すばるくんの"ジャニーズのお仕事"はこれが最後なのかなと眺めていた。隣にいた森田くんを見て、ジャニーズにはいろんな才能がある人がいるのに、すばるくんはここを出てもっと自由に音楽をやっていくんだなあと、ぼんやり思った。本当にぼんやり思っただけで、そこに悲しいとか寂しいとかの感情は一切ない。ただ、そう思った。

MCがないままの『オモイダマ』。安田くんの移動負荷も考えてのことだし、正直翔さんが司会とはいえMUSIC DAYの演出に期待がなかったから*1それでいいと思う。ただ、真ん中でうるうるしながら歌うすばるくんや、その両端でも同じように目をうるませる横山くんや村上くんを見て、翔さんがずっと見つめていたという話を聞いて、やっぱり寂しいよなあって久しぶりに思った。

その夜、大倉くんが生放送のラジオで「明日の生放送で泣くつもりはない。でもスタッフがうるうるしてたら泣いちゃうかも。流されやすいから」と話していたらしい。らしい、というのはツイッターで知ったから。でもそれがとっても大倉くんっぽいし、大倉くんがそんなに素直に公共の電波で話してくれる場所があってよかったなとも思った。

関ジャニクロニクルは、日曜日の朝に見た。いつもどおりわちゃわちゃしていて、でもどこか寂しい感じもあったところで、まさかの『Heavenly Phycho』。あー、昔の(といっても最近リアレンジした)曲もやってくれるのかと、うれしかった。すばるくんとりょうちゃんの最後のかけあいを聞いていて、あれがもう聞けなくなるのかと思うと寂しくなった。いやでも、またどこかで聞かせてくれよ。事務所やメディアに商業的に使われない感じで、またどこかでさ。

最後の関ジャムは生放送だったけど、いつもの感じで楽しかった。りょうちゃんの「ジョンとポールじゃないけど」のところは最高にりょうちゃんで、すばるくんのこと大好きなんだなあって手に取るようにわかった。これまで誰よりもちゃんと前を見据えていたし誰よりも"頑張らないと"って言っていたりょうちゃんが、最後の最後『LIFE』で一番最初に顔を歪ませて寂しそうにギターを弾いていた。それを見てわたしもようやく「寂しい」と思えた。

曲が終わって「寂しいですね」って素直に話すりょうちゃんも、ずっと下を向いたままの横山くんも、進行役だからいつもどおりを決め込んでいる村上くんも、いつものように笑顔を見せてくれる安田くんも、間奏ではしゃぐまるちゃんとそれに乗っかりながら「あの日交わした約束を」ですばるくんを指した大倉くんも、みんなみんなだいすきな関ジャニ∞だった。最後に「eighter」と叫んだすばるくん。その言葉を大声で叫ぶ姿をもう見れないんだと思ったら一気に寂しくなってしまった。

ばかー!辞めるなんていうなよー!やめるのやめろよー!……そんなの無理だってわかってるけどさあ。

冒頭で「現在進行形で実感がない」って書いたけど、こうやって振り返ると寂しい気持ちはすごくあるんだと気づいた。寂しい。でも、実感がない。

たぶんわたしが最初に関ジャニ∞が6人になったのだと実感するのは、9月の東京ドームを見てからなんだろう。6人のライブは今週末に走り出すから、わたしが見るのは2カ月先になる。それまでに6人は6人であることが普通になってるのかなあ。きっと歌割りそう変わるのかあと聞きながら寂しくなったりするんだろうけど、それが普通になっていくのかなあ。まだわからないし、もしかしたら北海道に行った人の話を聞きながら実感するのかもしれない。

とりあえず、すばるくんお疲れ様でした!
……なんて言わないよばか!眩しいくらいに輝いて世界や日本の音楽シーンかっさらってくれよな!!そうじゃなくても楽しく音楽しろよな!!じゃないとエイター(たぶん)みんなが許さないんだからな!!

 

↓4月15日のあとの日記

www.jasmine-cd.com

*1:前回のベスアのJUMPのこともあったし、前にやたらとゆるキャラやお笑い芸人さんとエイトを組ませていた経緯があって、音楽的な演出に期待ができなくなっていました。

30歳、ジャニオタ15年以上のわたしのジャニオタセブンルール

ジャニオタセブンルール、というブログを読みました。

moarh.hatenablog.jp

そもそも「ヲタ」という表記が好きではないわたしなので、ここでは「ジャニオタ」と表記しながら、30歳で途中お休みを挟みながら結局はジャニオタのわたしも書いてみます。ちょっと下書きに寝かしてしまったから時事性薄いけど、お付き合いくださいませ。れっつごー!

 

1. いろんな「好き」があると理解する

「◯◯くんが好き!」にはいろんな種類の好きがあると、前提として知っておく。この前提があると知ってから、だいぶオタクをする心が楽になりました。

盲目的に好きな人、入待ちや出待ちをする人、プライベートにも踏み込む人、テレビの前で楽しんでいる人、DVDは買うけど現場には行かない人……好きにはそれぞれ種類があって、人それぞれ応援の仕方は違う。だから、誰かに自分の好きの種類を押し付けないようにしていて、押し付けられそうになったら逃げるようにしています。

2. 定価以上は出さない

特にチケット、定価以上の金額は払いません。チケットが取れなかったら、しょうがない。もし行きたいチケットを譲ってもらいたい場合も、定価での取引をする人を選ぶ。嵐の5✕10の国立でチケットないのに現場に行った経験から、ダフ屋や定価以上の取引を要求する人とはやりとりしないし、チケットのない現場には行かないと心に決めました。定価以上を出しても事務所にお金が回るわけではないしね。

3. 使わないグッズは買わない

使う予定がなさそうなグッズは買いません。特にポスターとクリアファイル。ポスターは貼らないし、クリアファイルはもったいなくて使えないから、買わない! できれば物をあまり持たない生活をしたいこともあり、あまりグッズは買わないようにしています。

(でもペンラは買ってしまう……特に嵐。毎回演出の一部になる喜びがプライスレスなのです……。)

4. 推しの幸せを願える距離感を保つ

これはジャニタレとの距離にもファンとの距離、どちらにも言えます。

応援したいからとなんでもかんでも手にとることはしないようにして、自分が疲弊しないようにしています。結果的にワイドショーを見なくなりました。渋谷に◯◯くんいたよ!って言われても反応しなくなったのも、ここに入るかも。

ファン同士の距離感も大事。応援するのつらくなるような友達関係なら、ちょっと距離置くのも大事。

5. 現場に入る固定の友人を作らない

毎回一緒に現場に行く友人を持たないようにしました。以前はいっしょに行く友人がいたのですが「もう嵐に興味ないんだよね」と言われてから、固定の友人と入ることは辞めました。

チケット協力とかもなし。チケットにまつわる変ないざこざもなくなってハッピーです。

チケットあるけど行く?という誘い方や誘われ方のほうが、いろいろと穏便だと気づいたのは25歳のころ。一人で現場に入ることもあります。

6. アイドルはエンターテインメントと理解する

アイドルも一人の人間だけど、だからこそわたしが見ているものはエンターテインメントの部分。もちろん無理をされるのは心配だったり、よくない薬とか、お取引先に迷惑をかけるのはよくないけど、わたしたちが見れるのはアイドルのアイドルである部分だけ。そう前提理解しています。

ときにはゴシップとかもあるけれど、芸能界ってそういう世界。だからゴシップは軽やかに流して、アイドルがすこやかであることを願うしかない。

それに過剰に反応するから追いかける週刊誌の人たちの仕事が生まれるわけなので、あまり深追いしないようにもしています。

7. まずは自分のメンタル

人生を楽しむスパイスがアイドル。だからアイドルを生活の中心に置かない。チケット探しに疲弊するくらいなら探さない。友達関係で疲れるなら距離を置く。

お金落としてないからファンじゃないとか、そういう決めも作らない。好きなものは好き!人と比べない!もちろん人の迷惑にならないとかはあるけど、自分が楽しいと思える範囲でオタクをすることを心がけています。

まとめ

1. いろんな「好き」があると理解する
2. 定価以上は出さない
3. 使わないグッズは買わない
4. 推しの幸せを願える距離感を保つ
5. 現場に入る固定の友人を作らない
6. アイドルはエンターテインメントと理解する
7. まずは自分のメンタル

最後の項目にも書いた「人生を楽しむスパイスがアイドル」が基本スタンスなんだろうなあ。

ちなみにしばらくジャニーズを見ない時期があっても、久しぶりに見た推しがめちゃくちゃ成長していて「やっぱり好き……!」ってなるのもすっごく楽しいです。だからこれからも自分のペースでこれからもオタク人生楽しんでいきます。

みなさんもすこやかにジャニオタ楽しんでくださいませ〜!

 

↓過去記事で関連しそうなもの

www.jasmine-cd.com

KAT-TUNグッズアプリの画面遷移メモ

KAT-TUNのライブでは、グッズ購入のアプリが配信されました。今後、他のグループでも導入されたときに参考になればと画面遷移をログとして残しておきます。

とはいえ、これから他グループで導入されたとしても、必ずこの画面遷移と同様であるとは限らないので、あくまで参考までにご覧ください。

***

ダウンロード後にアプリを開くと、このような画面。スワイプしていきます。

f:id:jasmine_cd:20180422023441p:image

 ↓

f:id:jasmine_cd:20180422023727p:image

 ↓

f:id:jasmine_cd:20180422023744p:image

 ↓

f:id:jasmine_cd:20180422023759p:image

位置情報はONにしておいた方がいいです。(会場近くに行かないとグッズ購入に関する画面に遷移しないようになっているため。) 

*

会場近くでアプリを立ち上げると「WELCOME」という画面に。グッズ販売開始時間と公演時間を確認したらチェックインをタップ。

f:id:jasmine_cd:20180422020749p:image

 ↓

トップページに遷移するので、「Goods」をタップ。

f:id:jasmine_cd:20180422020803j:image

 ↓

そうするとグッズ一覧画面に遷移するので、ほしいグッズの数を入力していく。入力終わったら、画面右下の「次へ」をタップ。

f:id:jasmine_cd:20180422020819j:image

 ↓

確認画面に移ります。先ほどの画面で入力した内容と相違ないか確認。間違ってたら左上「back」で戻る。間違いなければ画面下の「QRコードを作成」をタップする。

f:id:jasmine_cd:20180422020836j:image

 ↓

確認画面へ遷移するので、内容間違いなければ「はい」をタップ。(このわんこは何なのだろう……。)

f:id:jasmine_cd:20180422020848p:image

 ↓

注意書きを確認したら「OK」をタップする。

f:id:jasmine_cd:20180422020911p:image

 ↓

QRコード作成されました!(LINEの通知来てますが、グッズアプリとは関係ありません。ごめんなさいタイミング悪くて……。)

f:id:jasmine_cd:20180422020925p:image

 ↓

トップページに戻っても右上に作成したQRコードの履歴が残っているので、レジまで時間が空いてもここからQRコード開けば先ほど選んだ情報が残っているので安心です。(※一旦会場近くから離れたらどうなるかは未実験です。ごめんなさい。)

f:id:jasmine_cd:20180422021002j:image

*

ちなみに、時間外だとこんな画面です。なんだかとっても丁寧……!(そしてかっこいい。)

f:id:jasmine_cd:20180422021033p:image

***

ちなみに今回のKAT-TUNライブの25ゲートの販売所では、現金のみレジ:クレカ対応レジ=5:5くらいでした。嵐も早くクレカ対応してほしい……!

KAT-TUNはこれからparaviで番組配信始まるなど、他グループに先駆けてインターネットの時代の流れに乗っていくのでしょうか。確かに中丸さんはじめとしてデジタルに強そうな印象を個人的に受けているので、ぜひネットリテラシー高いアイドルしていろいろ試していってもらえたらいいなあと思っています(個人の感想です)。

タメ旅プラスもたのしみ!

アプリのダウンロードはこちらから。(iPhone版です。)

https://itunes.apple.com/jp/app/union-goods-app/id1362404742?mt=8

 

日記を書いたよ、中丸さん

KAT-TUNのライブに行ってきました。とっても楽しかったです。

……なあんて、小学生みたいな感想だなあ。中丸さんがライブ終盤で「今日は日記を書こう!」と言っていたので、書いてみようと思ったんだけどうまく言葉にできないのです。いつもより何倍も拙い言葉だけど、書いていこうと思います。

ちょっとここからネタバレ入れますね。

ネタバレ回避ゾーン

ライブ前のアナウンスが全部船仕様だったんですよ。「本日の公演は」とアナウンスするところが「本日の出航は」みたいに。作り込まれていると、トイレに並びながら静かに感動していました。

機材近くで着席シートだったので、座ってゆっくり見れました。だからこそ、気持ちにどっぷり浸れるわけで、Real Faceの新しいラップパートの歌詞を見ていたら涙が溢れる溢れる。

わたしがKAT-TUNを一番見ていた時期はろくーんだったころなので、そのくらいの曲が流れると反射的に涙が溢れる仕様に設定されてしまっているみたいです。でも、だからと言って「あかにしくんがいない」みたいに悲しくなるわけではないんです、不思議なことに。どちらかというと「ああ、わたしの青春時代……KAT-TUN好き!」という感情のほうが強くて。

懐かしい曲、ろくーんだったころのアルバム曲なんかもやるからすごく懐かしくて。でも帰りにiPodで曲を聞くと「ああ、そうか。ここはあかにしくんパートだったね」と思い出す感じでした。聞いてからそれを思い出す自分に悲しくもなったけど、それでいいのかもなあと考えています。

最初の挨拶の中丸さん、とってもハイテンションだったね。

亀梨さんライブの距離感やしゃべるスピードがよくわかってなかったね。

上田くん、バケツ持ってきたり天の声さんにいじられたりかわいかったね。

3人ともライブが久しぶりでテンション高いのかなんなのか、話が噛み合わないとか聞き取れてないことが多くて「久しぶりだもんね」とすっごく温かい気持ちになりました。本人たちは反省会とかしているのかもしれないけど、そういうの全部ひっくるめて2年ぶりのライブめちゃくちゃ楽しかったです。KAT-TUNが帰ってきたなあとうれしくなりました。

KAT-TUNのみなさん、おかえりなさい。またライブ楽しみにしています。

***

あまりに拙い文章になっちゃったから、また後で書き直すかもしれないけど。とにかく楽しかったし、新しい船出に立ち会えてとってもうれしかったです!